So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

リンダ・マッカートニー写真展、ステラ・マッカートニーSpecial Window、ラグビー日本、スケートアメリカ [イベント]

10月22日(火)   ザ・ビートルズのポール・マッカートニーの妻・リンダ・マッカートニーがポラロイド撮影した、日本初の写真展を見てきました。

◎リンダ・マッカートニー:ザ・ポラロイド・ダイアリーズ
期間:2019年10月16日(水)~10月28日(月)
会場:阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリー
入場料:800円
https://rollingstonejapan.com/articles/detail/32185
https://www.hankyu-dept.co.jp/honten/style/new/03/00786833/?catCode=109001&subCode=109103
ポール・マッカートニーの最初の妻でもあったリンダ・マッカートニーは、デザイナーのステラ・マッカートニーの母としても知られ、ミュージシャン/料理研究家/写真家として活躍していたが、1998年にがんとの闘病の果てに他界。今回のポラロイド写真展では、リンダにしか切り取れないユニークな視点からみた世界や、家族の日常にフォーカスを当てている。

ザ・ビートルズはもちろん、ローリング・ストーンズやジミ・ヘンドリックスなど、名だたるロック・ミュージシャンのポートレイトを撮影したことで知られる初期の作品に対し、1970年代初頭から90年代後半にかけて撮影されたポラロイド写真は、彼女の愛した自然や動物そしてマッカートニー家族のよりパーソナルな姿が捉えられており、ビートルズ・ファンならずとも必見。

また、写真展の初日10月16日(水)から10月22日(火・祝)まで、阪急うめだ本店1階のコトコトステージ11では、ステラ・マッカートニーのサステナブルなコレクションが一堂に集結するポップアップイベントも同時開催中。

↓以下4枚の写真は、会場風景です。
マッカートニー1.jpg

マッカートニー2.jpg

マッカートニー3.jpg

マッカートニー4.jpg

↓パンフレットより
マッカートニー5.jpg

マッカートニー6.jpg

マッカートニー7.jpg

マッカートニー8.jpg
マッカートニー9.jpg

会場では、無料でポラドイドで記念撮影した写真をプレゼントしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


◎ステラ・マッカートニー Special Window GOOD FOR THE FUTURE
期間:2019年10月2日(水)~11月4日(月)
場所:阪急うめだ本店1階 コンコース ウィンドー
http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/goodforthefuture2019/index.html
ビートルズのポール・マッカートニーとリンダ・マッカートニーの次女・ステラ マッカートニーは、イギリスのファッションデザイナーです。阪急百貨店ではコンコース沿いの巨大な7枚のウィンドーをステラにちなんだ装飾にしていますので、紹介します。

ステラ1.png

ステラ2.png

ステラ3.png

ステラ4.png

ステラ5.png

ステラ6.png

ステラ7.png

========================================


◎ラグビー日本代表に菊池寛賞 強豪破る姿、日本中に勇気

↓(朝日新聞デジタル)
 日本文学振興会は21日、ラグビー・ワールドカップ(W杯)で史上初の8強入りを遂げた日本代表チームに第67回菊池寛賞を授賞すると発表した。今年は作家の浅田次郎さんらの受賞をすでに18日に発表していたが、追加で決めたという。賞金は100万円。
 授賞理由について同会は「様々な国から来た選手たちが『ONE TEAM』となり強豪国を破る姿は、日本中に勇気を与えた」としている。
 菊池寛賞は文化活動全般で「最も清新かつ創造的な業績」を上げた人物・団体に年1回贈られる。スポーツ界では過去にプロ野球のイチローさんや女子サッカーの澤穂希さんらが受賞している。

★ラグビー日本、世界ランクは8位に 6位から後退
↓(朝日新聞デジタル)
ラグビー・ワールドカップ(W杯)準々決勝で日本が南アフリカに敗れたのを受けて、国際統括団体「ワールドラグビー」は20日、男子の世界ランキングを更新した。前日、過去最高の6位を記録した日本は8位に後退した。日本を破った南アフリカは4位に浮上した。

20日現在の世界ランキング上位は以下の通り。
 ①ニュージーランド②イングランド③ウェールズ④南アフリカ⑤アイルランド⑥豪州⑦フランス⑧日本⑨スコットランド⑩アルゼンチン

====================================


◎フィギュア ロシアの15歳・シェルバコワが4回転ルッツ2本成功
↓(デイリースポーツ)
「フィギュアスケート・スケートアメリカ」(19日、ラスベガス)
 GPシリーズの開幕戦。女子フリーが行われ、SP4位で15歳のアンナ・シェルバコワ(ロシア)がフリー160・16点、合計で227・76点で、初優勝を飾った。フリーの160点超えは9月のネペラ・メモリアルでトルソワ(ロシア)が記録した163・78点に次ぐ世界2番目の高得点だった。坂本花織(シスメックス)は202・47点で4位。樋口新葉(明大)は181・32点で6位だった。
 シニア1年目のシェルバコワは、4回転ルッツを2本組み込む構成をきっちり演じきった。1本目は4回転ルッツ-3回転トーループの連続ジャンプ。2本目は単独の4回転ルッツだったが、3・29点という驚異の加点を引き出す出来栄えだった。フリーの技術点92・20は2位テネル(米国)と20点以上の大差。男子を含めても優勝したネーサン・チェン(米国)に次ぐ高得点だった。
 また、演技中に青から赤へ“衣装チェンジ”も見せ、会場を沸かせた。

#####################################
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

三枝淳 日本画展(大丸心斎橋店)、世界スーパージュニアテニス、ラグビーW杯日本4強ならず、ソフトバンク2連勝 [美術画廊]

10月21日(月)   先日、大丸心斎橋店の美術画廊に立ち寄りましたので紹介します。

◎三枝 淳 日本画展花鳥絢爛
期間:2019年10月16日(水)~10月22日(火)
会場:大丸心斎橋店本館8階 アールグロリューギャラリーオブオーサカ
http://art-blog.dmdepart.jp/
三枝淳先生は煌びやかな色箔を背景にインコやフラミンゴ、オウムなどの南国の鳥たちを色鮮やかに描かれています。花鳥画という伝統的なモチーフを現代の感性で表現。描かれる作品は優美でもあり、どこか妖艶さも感じられます。会場では大作から色紙、短冊サイズの作品まで約30点を出品。

【略歴】
1979年 長野県生まれ
2003年 東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業
2005年 東京藝術大学大学院修士課程(中島研究室)修了
2011年 「G6展」(彩鳳堂画廊 以降毎年、’14~ 名古屋松坂屋、’15~大丸心斎橋店)
国内外にて個展、グループ展多数

↓案内状
三枝1.jpg

以下の写真は、上記百貨店のサイトより借用。

↓「群鶴図」120F
三枝1.jpg

↓「鸚哥図」6F
三枝2.jpg

↓「群鶴図」12M
三枝3.jpg

↓「鸚哥図」4F
三枝4.jpg

三枝5.jpg

三枝6.jpg

【過去の三枝淳展のブログ記事】
2016年4月23日掲載:日本画G6展
2017年4月24日掲載:日本画G6展

=====================================


◎大阪市長杯2019 世界スーパージュニアテニス
https://tennismagazine.jp/_ct/17312136
今回は応援に行けませんでしたが、結果だけ掲載します。
ヨーロッパ勢同士の対戦となった男子決勝は、第1シードのアロルド・マイヨ(フランス)が第10シードのジェフリー・フォン デル シュレンバーグ(スイス)を6-1 6-2で破り、ITFグレードA大会での初優勝を果たした。
 女子決勝は、第1シードのディアンヌ・パリー(フランス)が第4シードのアレクサンドラ・エラ(フィリピン)を6-2 6-4で下し、全試合ストレート勝利でタイトルを獲得した。

世界ジュニア3.jpg

↓パンフレット(表)
世界ジュニア1.jpg

↓パンフレット(裏)
世界ジュニア2.jpg

======================================


◎ラグビーW杯・準々決勝

ウェールズ    20-19    ⑧フランス

南アフリカ    26-3     ⑦日本

★リーチ主将は胸を張る「最高です」「日本はますます強くなる」試合後も円陣で仲間鼓舞
↓(デイリースポーツ)
「ラグビーW杯・準々決勝、日本3-26南アフリカ」(20日、味の素スタジアム)
 初の決勝トーナメント進出を果たした日本(世界ランキング6位)が後半力尽きて、南アフリカに屈した。
 前半は互角以上の戦いを見せた日本だったが、後半に入ると、自力を見せ始めた南アフリカに自陣に釘付けとなり、SOポラードに3本のPGを許してじわじわとリードを広げられ、2本のトライでトドメを刺された。
 姫野、田村、流らが号泣するなか、リーチ主将はすがすがしい表情。「最高です。4年間ずっと、そして過去5週間、本当に熱い応援をありがとうございます」と感謝を述べた。
 結果的には完敗。前半にやりたかったことを問われると、「ラグビーですよ。素晴らしいチャンスでした。いくつかチャンスもあった。残念ながら南アフリカの方が勝ってしまった。南アフリカの健闘をたたえたい。我々もよく健闘したと思う」と、うなずいた。
 目標にしていた8強進出は果たした。この快挙に、「ジェイミー監督らのおかげです。アジア全体としても非常にうれしいと思う。素晴らしい経験でした。日本はこれからますます強くなるだけです」と胸を張った。
 試合後は円陣を組み、仲間に言葉を送った。「胸を張って。キャプテンとして誇りに思っている。今後の姿を見せることが大事だ」。最後までキャプテンとして、選手を引っ張った。

★日本力尽き4強ならず、列島染め上げた1カ月終わる
※日本中、夢をみせてもらいました。有難うニッポン!

=====================================


◎ソフトバンク、快勝で2連勝日本シリーズ第2戦
↓(デイリースポーツ)
SMBC日本シリーズ2019は20日、ヤフオクドームで第2戦が行われ、3年連続日本一を目指すソフトバンク(パ・リーグ2位)が7年ぶりの頂点を狙う巨人(セ・リーグ優勝)に6-3で快勝して2連勝を飾った。
 ソフトバンクは七回に松田宣の3ランで先制。八回に柳田のソロと福田の2ランで3点を加えた。先発した高橋礼は7回1安打無失点の好投だった。巨人はメルセデスが6回1安打無失点と好投したが、打線が精彩を欠いた。
 日本シリーズは全試合がナイターで行われ、どちらかが4勝した時点で終了する。21日は試合がなく、22日の第3戦からは東京ドームに舞台を移す。

######################################

nice!(19)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

岸本謙仁 作陶展、クライヴ・ボウエン(阪急)、GP第1戦開幕、ラグビーW杯準々決勝、ソフトバンク先勝 [美術画廊]

10月20日(日)   先日、阪急百貨店の美術画廊に立ち寄りましたので紹介します。

◎第27回 岸本謙仁 作陶展縄文の美の鼓動
期間:2019年10月16日(水)~10月22日(火)
会場:阪急うめだ本店7階 美術画廊
http://kishimotokennin.com/aisatu.html
https://www.hankyu-hanshin-dept.co.jp/lsnews/06/a02/00294819/?catCode=601006&subCode=602012
純粋でたくましい縄文土器の姿は、言葉を超える根源的なパワーを発し、魂まで揺さぶります。今展では、焼物文化の起源である「縄文」と向き合い、ヴィーナスや祈りをモチーフに創作した最新作を展観。
岸本1.jpg
【略歴】
1934年、名古屋市に誕生
1960年、美濃に入る
1974年、東京日本橋高島屋初個展(以降11回)
1978年、日本工芸会、正会員認定
1982年、阪急うめだ本店個展(以降26回)
1986年、名古屋丸栄個展・豊橋丸栄個展(以後5回)
1988年、ドイツ JAPAN ART 個展、アメリカ・バークコレクション収蔵
1989年、アメリカ・イェール大学美術館収蔵
1992年、NHK主催 日本の陶芸「今」百選展 出品、パリ・日本各地縦断展
1998年、三国山築窯30週記念・阪急うめだ本店個展
2001年、五都美術商連合会主宰「21世紀展」出品(以後毎年出品)
2003年、豊田市美術館収蔵
2011年、東京日本橋三越本店個展(以後4回)

↓以下の写真は、図録より借用しました。
岸本1・図録.jpg

↓「縄文伊賀トルソーNo.1」
岸本2・縄文伊賀トルソーNo.1.jpg

↓「縄文伊賀トルソーNo.2」
岸本3・縄文伊賀トルソーNo.2.jpg

↓「縄文織部花入」
岸本4・縄文織部花入.jpg

↓「縄文伊賀十字結器」
岸本5・縄文伊賀十字結器.jpg

↓「縄文伊賀器」
岸本6・縄文伊賀器.jpg

↓「縄文織部花器」
岸本7・縄文織部花器.jpg

↓「縄文伊賀器」
岸本8・縄文伊賀器.jpg

↓「縄文伊賀仏陀器」
岸本9・縄文伊賀仏陀器.jpg

↓「縄文伊賀茶碗」
岸本10・縄文伊賀茶碗.jpg

↓「金彩壁掛仏陀(角)」
岸本11・金彩壁掛仏陀(角).jpg

↓「縄文伊賀器」
岸本12・縄文伊賀器.jpg

【過去の岸本謙仁展のブログ記事】
第25回:2015年7月12日掲載
第26回:2017年7月17日掲載
・第27回:2019年10月20日掲載

=====================================


◎クライヴ・ボウェンスリップウェア作陶展
期間:2019年10月16日(水)~10月22日(火)
会場:阪急うめだ本店7階 美術画廊
https://www.sankei.com/life/news/150528/lif1505280013-n1.html
https://www.hankyu-hanshin-dept.co.jp/lsnews/06/a02/00461021/?catCode=601006&subCode=602012
伝統的なスリップウェアの産地、イングランド南西部・北デボン地方。ここで暮らし、創作を続けるクライヴの作品を約200点ご紹介します。赤土をスリップ(化粧土)で装飾、低火度で焼成することで、独特の柔らかさと温かみが醸し出されます。
ボウエン6.jpg
【略歴】
1943年、英国・ウェールズ、カーディフ生まれ
    カーディフ美術学校で絵画とエッチングを専攻
1965-69年、バーナード・リーチの次男・マイケル・リーチに師事
1971年、英国・北デボン、シェビアの農家に移り、工房を設立
1991年、コンテンポラリー・アプライド・アーツにて個展(ロンドン)
1996年、「ソロ・ショーケース」展(テート美術館、英国・セントアイヴス)
1997年、ダーティントンにて個展(英国・デボン)
1999年、オックスフォード・ギャラリーにて個展(英国・オックスフォード)
2003年、ラフォード・クラフト・センターにて個展(英国・ラフォード)
2006年、ゴールドマーク・ギャラリーにて個展(英国・アッピンガム)(09、14、19)
2008-09年、益子陶芸美術館にて「クライヴ・ボウエン展」(栃木県・益子)
2009年、ギャラリー・セントアイヴスにて「柴田雅章クライヴ・ボウエン二人展」(東京)
     (11、13、15、16年)
2012年、「クライヴ・ボウエン&スベンド・ベイヤー展」(バートン美術館、英国ビディフォード)
2013年、阪急うめだ本店 阪急うめだギャラリーにて「柴田雅章クライヴ・ボウエン二人展」
2015年、阪急うめだ本店 美術画廊にて「クライヴ・ボウエン スリップウェア作品展」
2016年、阪急うめだ本店 阪急うめだギャラリーにて「クライヴ・ボウエンと英国の現代陶芸作家展」

↓パンフレットより
ボウエン1.jpg

ボウエン2.jpg

ボウエン3.jpg

ボウエン4.jpg

ボウエン5.jpg

↓「Large Platter」
ボウエン7.jpg

【過去のクライヴ・ボウエン展のブログ記事】
2015年3月30日掲載:クライヴ・ボウエン、スリップウェア作陶展
2016年10月16日掲載:クライヴ・ボウエンと英国の現代陶芸作家展
・2019年10月20日掲載:クライヴ・ボウエン、スリップウェア作陶展

========================================


◎女子SPで坂本2位、樋口は3位 スケートアメリカ
https://www.asahi.com/articles/ASMBM1VJZMBMPTQP005.html
↓(朝日新聞デジタル)
フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカは18日(日本時間19日)、米ネバダ州ラスベガスで開幕した。女子ショートプログラム(SP)があり、昨季の全日本女王の坂本花織(シスメックス)は73・25点で2位に入り、樋口新葉(明大)が71・76の3位。山下真瑚(愛知・中京大中京高)は46・21点の12位だった。首位は75・10点のブレイディ・テネル(米)。4回転ルッツを跳ぶことで注目される15歳のアンナ・シェルバコワ(ロシア)は67・60点で4位発進。

 同日には、男子SPもあり、世界選手権2連覇中のネーサン・チェン(米)が102・71点で首位に立った。日本の友野一希(同大)は75・01点で8位で、島田高志郎(木下グループ)は72・12点で11位だった。
 19日(同20日)に、男女フリーがある。

=====================================


◎ラグビーW杯・準々決勝

イングランド    40-16    ⑥オーストラリア

ニュージーランド  46-14    ④アイルランド

★日本、ラグビー世界6位に 連勝→豪州敗北で過去最高
↓(朝日新聞デジタル)
国際統括団体「ワールドラグビー」は19日、世界ランキングを更新し、日本は過去最高を更新する6位になった。
 日本はこの日試合がなかったが、6位だった豪州がワールドカップ(W杯)準々決勝でイングランドに敗れて7位に後退。日本が入れ替わって6位に浮上した。
 日本はW杯開幕時は10位だったが、9月20日の開幕戦でロシアを破り9位に上げ、同28日には格上のアイルランドを破って初めて8位にランクイン。さらに10月13日の1次リーグ最終戦でスコットランドに勝ち、過去最高の7位になっていた。

========================================================================


◎ソフトバンクが巨人に先勝…グラシアル逆転弾でCSから驚異の7連勝、本拠地では日本S13連勝
↓(スポーツ報知)
 ◆SMBC 日本シリーズ2019 第1戦 ソフトバンク7―2巨人(19日・福岡ヤフオクドーム)
 パ・リーグ2位からクライマックスシリーズ(CS)をファーストステージから勝ち抜いたソフトバンクが、巨人に逆転勝ちして、第1戦を制した。
 エースの千賀が先発したが、2回表に今季限りで引退する阿部にソロを被弾。152キロ直球を右翼席に運ばれて先取点を献上した。だが、打線はすぐに逆転した。直後の2回裏に1死から中村晃が右翼線へ二塁打を放って出塁すると、続くグラシアルが左中間テラス席へ逆転の2ラン。西武とのCS最終Sで4戦3発と好調だった助っ人は「打ったのはストレートだと思います。先制されてすぐに逆転できてよかった。少し詰まったけど、入ってくれてよかったよ」と納得の表情だった。
 3回先頭からイニングをまたいで巨人先発・山口に4者連続三振を喫するなど6回まで3イニング連続3者凡退に抑えられて、なかなか追加点を奪えずにいたソフトバンク打線。それでも6回に先頭・牧原が右翼線へ二塁打を放ち、柳田の申告敬遠とデスパイネの死球などで1死満塁のチャンスを作り、中村晃が中犠飛を放ち、貴重な追加点を奪ってリードを3点に広げた。
  さらに7回。松田宣の二塁打などで1死二、三塁の好機を作ると、牧原が2点適時打、柳田の右前適時打などで一気に4点を追加して試合を決めた。千賀は7回106球、3安打1失点で降板。8回からは救援陣がしっかりリードを守った。
 ソフトバンクはCSの第1S初戦で楽天に敗れたが、2戦目から2連勝で最終Sに進出。一気に勢いに乗ると、最終Sも4連勝で西武も破った。2年連続で日本Sを制しているソフトバンクが、CSから破竹の7連勝で初戦を先取。さらにヤフオクDでの日本Sは11年の第7戦(中日戦)から13連勝となった。

#####################################

nice!(22)  コメント(6) 
共通テーマ:アート
前の3件 | -